読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「Option Market Making」を読んだ

Option Market Making: Trading and Risk Analysis for the Financial and Commodity Option Markets (Wiley Finance)作者: Allen Jan Baird出版社/メーカー: Wiley発売日: 1992/10/16メディア: ハードカバーこの商品を含むブログを見るまた非常に古い本(93…

「情報検索と言語処理 」を読んだ

情報検索と言語処理 (言語と計算)作者: 徳永健伸,辻井潤一出版社/メーカー: 東京大学出版会発売日: 1999/11メディア: 単行本購入: 6人 クリック: 166回この商品を含むブログ (17件) を見る結構古い本(99年刊)。「はじめに」で、「AltaVistaやExciteなどの…

NLTK Book(入門 自然言語処理)を読んだ

NLTK BookPython による日本語自然言語処理 和訳本はこれ。(ただし原文のほうを読んだ。原文のほうはPython3対応。)入門 自然言語処理作者: Steven Bird,Ewan Klein,Edward Loper,萩原正人,中山敬広,水野貴明出版社/メーカー: オライリージャパン発売日: 2…

「市場と取引」(Trading and Exchanges)を読んだ

市場と取引―実務家のためのマーケット・マイクロストラクチャー〈上〉作者: ラリーハリス,Larry Harris,宇佐美洋,小野里光博,濱田隆道,山岡博士出版社/メーカー: 東洋経済新報社発売日: 2006/04/01メディア: 単行本 クリック: 5回この商品を含むブログ (2件)…

pandasででかいテーブルをMySQLからHDF5に落としこむ

pd.read_sqlしてto_hdfしたい所だが、メモリ上にのりきらないようなサイズだと動かない。pd.read_sqlにはchunksizeという便利なものがあり、この引数を指定するとchunkに切られたDataFrameのiteratorを返してくれるので、どうにかなりそうに見えるが、read_s…

PRMLを眺めた

パターン認識と機械学習 上作者: C.M.ビショップ,元田浩,栗田多喜夫,樋口知之,松本裕治,村田昇出版社/メーカー: 丸善出版発売日: 2012/04/05メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 6人 クリック: 33回この商品を含むブログ (18件) を見るパターン認識と機械…

"Learning scikit-learn: Machine Learning in Python" を読んだ

Learning Scikit-Learn: Machine Learning in Python: Experience the Benefits of Machine Learning Techniques by Applying Them to Read-World Problems Using Python and the Open S作者: Raul Garreta,Guillermo Moncecchi出版社/メーカー: Packt Publi…

"Python for Data Analysis"を読んだ

Python for Data Analysis作者: Wes Mckinney出版社/メーカー: Oreilly & Associates Inc発売日: 2012/10/29メディア: ペーパーバックこの商品を含むブログ (6件) を見るPythonによるデータ分析入門 ―NumPy、pandasを使ったデータ処理作者: Wes McKinney,小…

「深層学習 (機械学習プロフェッショナルシリーズ)」を読んだ

深層学習 (機械学習プロフェッショナルシリーズ)作者: 岡谷貴之出版社/メーカー: 講談社発売日: 2015/04/08メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (10件) を見る長年よく分かってないまま、なんとなくA君やT君の話にウンウンなるほど〜〜〜…

"High-Frequency Trading" by Irene Aldridgeを読んだ

High-Frequency Trading: A Practical Guide to Algorithmic Strategies and Trading Systems (Wiley Trading)作者: Irene Aldridge出版社/メーカー: Wiley発売日: 2013/04/22メディア: ハードカバーこの商品を含むブログを見るさすがに全編ちゃんとは読めて…

「データサイエンティスト養成読本 機械学習入門編」を読んだ

データサイエンティスト養成読本 機械学習入門編 (Software Design plus)作者: 比戸将平,馬場雪乃,里洋平,戸嶋龍哉,得居誠也,福島真太朗,加藤公一,関喜史,阿部厳,熊崎宏樹出版社/メーカー: 技術評論社発売日: 2015/09/10メディア: 大型本この商品を含むブロ…

よくわかるKMP

vector<int> Build(const string& s) { vector<int> fail(s.size() + 1); int j = -1; fail[0] = -1; for (int i = 0; i < s.size(); ++i) { while (j >= 0 && s[i] != s[j]) j = fail[j]; ++j; fail[i + 1] = j; } return fail; } void Match(const string& needle, c</int></int>…

よくわかる8クイーン

#include <iostream> #include <vector> #include <string> using namespace std; void PrintQueens(const vector<int>& queens) { for (const int& queen : queens) { string s(8, '-'); s[queen] = '*'; cout<<s<<endl; } cout<<endl; } bool IsQueenPlaceable(const vector<int>& queens, int y) { for (int cy : queens…</s<<endl;></int></string></vector></iostream>

よくわかるヒープソート

以前のこの記事には誤ったコードが記載されておりました。自信満々に嘘コードを書いたことをお詫び申し上げます。ぐぐって上位に出てくるコードがどれも冗長すぎる…………………空間計算量はO(1)(追加領域を必要としない)、最悪・平均時間計算量がO(n log n)。大…

systemd-bootのデュアルブートで1回だけ次回起動OSを変更する(grub-reboot相当)

当然EFIでデュアルブートしててsystemd-bootを使っている場合のお話です。systemd-boot (gummiboot) がLoaderEntryOneShotというそれそのものの変数をEFI変数として公開してくれているので、efivars経由で書き込む。例えば次回だけ自動検出のWindows 10で起…

情報系の人が株をやってみたくなった時にまず読むべき10冊

情報系の学生さんなどが株をやってみたくなるというのはTLを見ていてもよくあることだと思います。 しかし、情報系の方が予備知識なく株や為替の取引に手を出そうとすると、ついつい時系列データをニューラルネットワークにぶちこんで予測をはじめたりなど、…

「Quantitative Trading」を読んだ

Quantitative Trading: How to Build Your Own Algorithmic Trading Business (Wiley Trading)作者: Ernie Chan出版社/メーカー: Wiley発売日: 2009/01/12メディア: Kindle版この商品を含むブログを見るなんかAmazon.comのレビューでけなされているが、言わ…

「インベストメント<第8版>」(BKM)を読んだ

(上)" title="インベストメント(上)">インベストメント(上)作者: ツヴィ・ボディー,アレックス・ケイン,アラン・J・マーカス,平木多賀人,伊藤彰敏,竹澤直哉,山崎亮,辻本臣哉出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社発売日: 2010/03/26メディア: 単行本 クリック…

「ウォール街のランダム・ウォーカー」「金融工学入門(Investment Science)」を読んだ

―株式投資の不滅の真理" title="ウォール街のランダム・ウォーカー ―株式投資の不滅の真理">ウォール街のランダム・ウォーカー ―株式投資の不滅の真理作者: バートン・マルキール,井手正介出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社発売日: 2011/06/18メディア: …

「ゲーム理論入門」を読んだ

ゲーム理論入門 (日経文庫―経済学入門シリーズ)作者: 武藤滋夫出版社/メーカー: 日本経済新聞社発売日: 2001/01メディア: 新書購入: 9人 クリック: 42回この商品を含むブログ (31件) を見るクルーグマンのミクロとかを読んでいた時代に購入した物。 おさかな…

パタヘネもう一度読んだ

コンピュータの構成と設計 第5版 上作者: ジョン・L.ヘネシー,デイビッド・A.パターソン,成田光彰出版社/メーカー: 日経BP社発売日: 2014/12/06メディア: 単行本この商品を含むブログ (1件) を見るコンピュータの構成と設計 第5版 下作者: デイビッド・A・パ…

DE0(FPGA評価ボード)関係で参考になりそうなサイトのまとめ

最近はSoCとかで使うのが普通なのかもしれないが学習用なのでCyclone III。DE0-NanoやDE0-CVもあり、LE数が異なるので購入の際には検討されたし。 Terasic - DE Main Boards - Cyclone - Altera DE0 Board 公式 Terasic - DE Main Boards - Cyclone - Altera…

巨大なXSLT+XMLをブラウザ(Chrome / Safari)上で表示する

HTMLの高速レンダリングには皆の命がかけられていますが、XMLはそうではないので、ChromeでもSafariでも巨大なXMLを表示しようとするとブラウザが固まり詰んでしまいます。そんな時は事前にXSLT+XMLをHTMLに変換しておくとよいです。xsltprocを使います。 br…

「Linux Kernel Development」を読んだ

Linux Kernel Development (3rd Edition) (Developer's Library)作者: Robert Love出版社/メーカー: Addison-Wesley Professional発売日: 2010/06/22メディア: Kindle版この商品を含むブログを見るLinux Kernelの本で今のカーネルに近い物というとそもそもあ…

「Mastering Bitcion」を読んだ

Mastering Bitcoin: Unlocking Digital Cryptocurrencies作者: Andreas M. Antonopoulos出版社/メーカー: O'Reilly Media発売日: 2014/12/03メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る

「Blockchain: Blueprint for a New Economy」を読んだ

Blockchain: Blueprint for a New Economy作者: Melanie Swan出版社/メーカー: O'Reilly Media発売日: 2015/01/23メディア: Kindle版この商品を含むブログ (1件) を見る

「Embedded Android」を読んだ

Embedded Android作者: Karim Yaghmour出版社/メーカー: Oreilly & Associates Inc発売日: 2013/03/28メディア: ペーパーバック クリック: 2回この商品を含むブログを見るかなりの良書。むしろタイトルが良くないと思う。Embeddedと銘打っているが、組み込み…

「XDA Developers' Android Hacker's Toolkit」を読んだ

XDA Developers' Android Hacker's Toolkit: The Complete Guide to Rooting, ROMs and Theming作者: Jason Tyler出版社/メーカー: Wiley発売日: 2012/05/08メディア: Kindle版この商品を含むブログを見るこの本もおすすめしない。表紙はまともそうだが、い…

「Effective Java」(第2版)を読んだ

Effective Java (2nd Edition): A Programming Language Guide (Java Series)作者: Joshua Bloch出版社/メーカー: Addison-Wesley Professional発売日: 2008/05/08メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る本自体はとても良かった。Javaを書くにあたっ…

【翻訳】みんなGCについて誤解している(Old New Thing)

翻訳対決です。質問ではない。 【翻訳】ガーベージコレクションについてよくある誤解 - みっどメモEverybody thinks about garbage collection the wrong way - The Old New Thing - Site Home - MSDN Blogs CLRウィーク2010にようこそ。今年度のCLRウィーク…

「Java: A Beginner's Guide」(第6版) を読んだ

Java: A Beginner's Guide, Sixth Edition: A Beginner's Guide作者: Herbert Schildt出版社/メーカー: McGraw-Hill Osborne Media発売日: 2014/05/06メディア: Kindle版この商品を含むブログを見るOracleの本だし嘘は書いていないだろうと思い選んだ。日本…

「最新コンパイラ構成技法」を読んだ

最新コンパイラ構成技法作者: Andrew W. Appel,神林靖,滝本宗宏出版社/メーカー: 翔泳社発売日: 2009/10/30メディア: 大型本購入: 6人 クリック: 165回この商品を含むブログ (26件) を見るPeryanとか書いてたのに読んだことなかったので読んだ。 簡潔ながら…

「Physically Based Rendering (PBRT)」を読んだ

Physically Based Rendering, Second Edition: From Theory To Implementation作者: Matt Pharr,Greg Humphreys出版社/メーカー: Morgan Kaufmann発売日: 2010/07/12メディア: ハードカバー購入: 4人 クリック: 8回この商品を含むブログ (3件) を見る1年間ぐ…

「わかりやすいパターン認識」を読んだ

わかりやすいパターン認識作者: 石井健一郎,前田英作,上田修功,村瀬洋出版社/メーカー: オーム社発売日: 1998/08メディア: 単行本購入: 19人 クリック: 110回この商品を含むブログ (40件) を見る結構読み飛ばしてるので「大体」かもしれない.foo.

Windows Internals(インサイドWindows)読んだ

インサイドWindows 第6版 上作者: Mark E. Russinovich,David A. Solomon,Alex Ionescu出版社/メーカー: 日経BP社発売日: 2014/06/11メディア: Kindle版この商品を含むブログ (1件) を見るインサイドWindows 第6版 下作者: Mark E. Russinovich,David A. Sol…

「Operating Systems Design and Implementation」(MINIX本)を大体よんだ

Operating Systems Design and Implementation (Prentice Hall Software Series)作者: Andrew S Tanenbaum,Albert S Woodhull出版社/メーカー: Prentice Hall発売日: 2005/12/21メディア: ハードカバー購入: 1人 クリック: 41回この商品を含むブログ (3件) …

「理科系の作文技術」を読んだ

理科系の作文技術 (中公新書 (624))作者: 木下是雄出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 1981/01メディア: 新書購入: 107人 クリック: 1,559回この商品を含むブログ (334件) を見る有名な本。最近、ビットコインの仕組みなどを書いている関係で、文章の書き…

ハノイの塔をHaskellで書いた

さっきまで理解してなかったので書いてみた。Wikipediaの書き方もわかりづらいし検索上位にわりと酷いのばっかりひっかかるんですがそれは… import Debug.Trace moveAtoC :: ([Int], [Int], [Int]) -> ([Int], [Int], [Int]) moveAtoC ((a:as), bs, cs) = (a…

VagrantをParallelsで使う

ここ最近ずっとParallels上のUbuntuで物を作っていたが、冷静に考えるとVagrantを使うべきだったという事に気がついたのでVagrantを使うことにした。 1. Vagrant公式から落としてきて入れる OSX版をVagrant公式のDownloadからインストーラーを落としてきて入…

Docker、CoreOS、Google Compute Engine:やめたほうがいい事 6連発

最近、Docker・Google Compute Engineで分散3Dレイトレーシングといった物のネットワークまわりをいじらせてもらっている。lighttransport/francineところで、DockerもCoreOSもGoogle Compute Engineも全然枯れていないだけに、やってはいけないとは書いてな…

Google Compute EngineでCoreOSでDockerみたいなの

Docker Cross-Host linking using Ambassador Containers - Docker Documentation Linking containers together - Docker Documentation 実は未だにAmbassador patternとかcontainer間のlinkとかよく分かっていない etcdみたいな便利な物があればAmbassador …

『クルーグマン ミクロ経済学』を読んだ

クルーグマン ミクロ経済学作者: ポールクルーグマン,ロビンウェルス,Paul Krugman,Robin Wells,大山道広,石橋孝次,塩澤修平,白井義昌,大東一郎出版社/メーカー: 東洋経済新報社発売日: 2007/09メディア: 単行本購入: 11人 クリック: 222回この商品を含むブ…

「わかりやすい英語冠詞講義」を読んだ

わかりやすい英語冠詞講義作者: 石田秀雄出版社/メーカー: 大修館書店発売日: 2002/03メディア: 単行本購入: 9人 クリック: 42回この商品を含むブログ (11件) を見るこれを書いた時以来ツンドクしていた「わかりやすい英語冠詞講義」を今更消化した!(なん…

RubyのOpenSSLバインディングのOpenSSL::PKey::EC::Point#mulまわりがひどい(?)

Rubyは素晴らしい言語です(以下、自分でRubyに貢献もせずに好き放題言う上での事前の言い訳)先日から、Bitcoinで遊んでいて、その関係でOpenSSLの楕円曲線(EC)暗号まわりをいじっていたが、RubyでOpenSSLのECDSAを使おうという人があまりいないのか、わ…

Dockerを使ってみての良い点と悪い点、及びディレクトリ構成

(注意 2014/11/13:この記事はいろいろと古いので注意してください)さくらVPSをやめて公開してる物とかを全部自宅サーバーに戻すにあたって、いろいろな案があったが、結局自宅でいろんな用途に使っているサーバーにDockerを使って押し込めることにした。 …

死ぬほど簡単な最低限のGNU screenの使い方

sshであれこれ作業する機会が多くなってて、途中で接続が切れてコマンドが止まったりすると困るので、なんとなくこわいイメージがあってずっと避けてたGNU screenをはじめて使ってみたけど、接続切れ対策として必要最小限使うだけならとても簡単だった。まず…

AdSenseを貼れないサイトはペイしない

これは、少ない労力で、莫大なPVをどこかからひっぱってこれるサイトには当てはらまないかもしれないが、多くの場合は真だと思う。今年もいろんな物を作りたいと思っているが、WebサイトとかWebサービスのような物もいくつか作りたいと思ったので、少し過去…

ChinachuからVLCを開くAppleScriptを書いた

Chinachuは、Linux上に、快適なデジタル放送の録画Webインターフェイスを作れるソフトウエアである。以前から道具は持っていたので、先日ついに重い腰を上げて自宅サーバー上に録画環境を整備した。 Chinachuのインターフェイスはとても良くできている。また…

「オブジェクト指向における再利用のためのデザインパターン」を読んだ

オブジェクト指向における再利用のためのデザインパターン作者: エリックガンマ,ラルフジョンソン,リチャードヘルム,ジョンブリシディース,Erich Gamma,Ralph Johnson,Richard Helm,John Vlissides,本位田真一,吉田和樹出版社/メーカー: ソフトバンククリエ…

Bitcoinの論文を読んだ

ずっと興味があったけれども読む機会がなかったBitcoinの論文を、教習所の待ち時間などで読む時間があったので読んだ。そのうちこれをネタにどっかで何か書きたい。Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash SystemBitcoinといえば"Mining"が有名だが、論文…